高校生 ICT Conference 2018 in 札幌 の開催に協力しました!!

安全部, 活動報告

2018年9月16日(日)に、内田洋行・札幌ユビキタス協創広場 U-cala で、高校生 ICT Conference 2018 in 札幌が開催されました。
LOCALは、司会、ファシリテーター、運営スタッフを派遣して、運営に協力しました。

高校生ICT Conference 2018 in 札幌

札幌代表は札幌龍谷学園高校に決定しました。

イベント概要

テーマ: 社会で活躍するためのICT活用法 ~18才成人化を控えて~

<高校生の声を政府に届けよう!>
高校生 ICT Conferenceは、高校生が身近なスマホやインターネットについて、これまでの経験や知識、意見を出し合って、世の中の課題解決に有効な活用方法を目指します。みんなの議論をサミットで取りまとめて、内閣府、総務省、文部科学省など政府に提言します!

日 時 : 2018/9/16 (日) 11:00-17:00
会 場 : 内田洋行・札幌ユビキタス協創広場 U-cala
(札幌市中央区北1条東4丁目1-1 サッポロファクトリー1条館1階)
参加人数 : 札幌、石狩、江別、旭川より、6校、33名の高校生。
主 催 : 安心ネットづくり促進協議会、大阪私学教育情報化研究会、一般財団法人草の根サイバーセキュリティ運動全国連絡会
共 催 : 内閣府、総務省、文部科学省、経済産業省、消費者庁

当日の様子

高校生ICT Conference 2018 札幌 開催中です。LOCALは、司会、ファシリテーター、運営として協力しています。

一般社団法人LOCALさんの投稿 2018年9月15日土曜日

LOCAL DEVELOPER DAY ’18 /Security を開催します!

LDD, お知らせ, イベント情報

LOCALでは2009年より “LOCAL DEVELOPER DAY (LDD)” と題し、コミュニティ横断型、地域特化型の
IT勉強会イベントを開催しています。
今回は札幌で「情報セキュリティ」をテーマとした「LOCAL DEVELOPER DAY ’18 /Security」を開催いたします。

LOCAL DEVELOPER DAY ’18 /Security イベント概要

日時 2018/09/29(土) 13:30 – 18:00 (開場 13:05)
会場 ACU-A 中研修室1206
(札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45 12F)
参加費 無料
定員 100名
主催 一般社団法人LOCAL
(本イベントは一般財団法人草の根サイバーセキュリティ運動全国連絡会(Grafsec)助成事業の一部として開催します)
共催 北海道情報セキュリティ勉強会(せきゅぽろ)

イベントハッシュタグ #ldd18sec

今回はLDD’18 Securityと題し、情報セキュリティをテーマとした講演を企画しています。
サイバーセキュリティの専門家 上原 哲太郎教授による基調講演をはじめ、各分野の最前線で活躍中の講師陣をお迎えしてご講演いただきます。

詳細およびご参加申込みはこちらをご覧ください。
LOCAL DEVELOPER DAY ’18 /Security

各分野の専門家による貴重なお話が聞ける機会です!
ITエンジニアやシステム管理者だけでなく、一般の方、学生にとっても有益な内容でお送りします。
情報セキュリティにご興味・ご関心をお持ちの方はぜひご参加ください!

LOCALは、「林業 x IT ハッカソン 2018」を応援しています!

イベント情報

2018年9月15日(土) ~16日(日) の2日間、HPH のイベント『林業 x IT ハッカソン 2018』が開催されます。
開催概要は以下のとおりです。 興味のある方はぜひご参加ください。

イベント概要:

第一部のアイデアソンで、愛林のまち津別町に集い沢山のアイデアが生まれました。このアイデアのバトンを受け継いで、プロトタイプを作成するハッカソンを開催します。当日は第一部のアイデアのバトンを受け継ぐワークショップを軽く実施し、その後は主にプロトタイプの開発となります。

※ハッカソンとは
エンジニア(プログラマ、デザイナ)と、テーマに関連する方々(今回は林業関係者など)が一か所に集い、第一次産業とICT技術を掛け合わせた発想でサービス、システム、アプリなどのプロトタイプを作成するイベントです。

日  時: 2018年9月15日(土)11:00 ~ 2018年9月16日(日)15:00

集合場所: 札幌産業振興センター(札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1)

参 加 費: 無料

定  員: 30名(林業関係15名、ICT関係15名程度を予定)

参加対象: 林業関係者(川上、川中、川下問わず)、ICT関係者(プログラマー・プランナー)、デザイナー

※20歳以上(20歳未満の方は問い合わせフォームよりご連絡ください)

主  催: 北海道第一次産業ハッカソン2018実行委員会

共  催: 津別町

後  援: 北海道、林野庁北海道森林管理局

詳細・お申込み: 林業 x IT ハッカソン 2018 申し込みフォーム

『Docker Workshop in Sapporo #03』が開催されます!

イベント情報

Docker Workshop in Sapporo #03

2018/09/15(土) Creative Lounge SHARE(クリエイティブラウンジシェアサッポロ) にて、
初心者を対象としたDockerハンズオンを行う Docker Workshop in Sapporo #03 が開催されます。
イベントの概要は以下のとおりです。ぜひ参加をご検討ください。

Docker Workshop in Sapporo #03

 開催日時: 2018年9月15日(土) 10:00 – 12:30

 開催場所: Creative Lounge SHARE(クリエイティブラウンジシェアサッポロ)
        (北海道札幌市中央区北2条東1丁目3−3 サンマウンテンビル3階)

 参 加 費: 500円

 内  容:

  1. Docker概要
  2. Dockerハンズオン

 対 象 者: 以下のような方を対象とします。

  • Linuxの基本的なコマンド作業ができる
  • このハンズオンの事前準備ができる
  • Dockerを体験してみたい

 定  員: 一般参加枠:10名

 主  催: くじらや

 詳  細: Docker Workshop in Sapporo #03

『Developer meetup for beginners 「札幌ITひよこ会」#2』が開催されます

イベント情報

2018年10月13日(土)、『Developer meetup for beginners 「札幌ITひよこ会」#2』が開催されます。

このイベントは、Webに限らずITと呼ばれている分野に足を踏み入れたばかりの人にエールを贈ることを目標としています。
(注意)技術的な勉強会ではありません!
現役のエンジニアからIT初心者の方々へ向けた、気負わずに歩んでいくための職業人講話(一人20~45分)です。
話し手も聞き手も一緒に楽しめればいいなと思っています。

興味のある方は、どうぞご参加ください。

イベント概要

日 時 : 2018/10/13(土) 14:00~17:40

会 場 : 株式会社インサイトテクノロジー 札幌開発センター

(札幌市中央区北5条西6丁目2-2 札幌センタービル 14階)

参加費 : 500〜1000円 ※下記詳細ページをご確認ください

申込・詳細 : Developer meetup for beginners 「札幌ITひよこ会」#2(Peatix)

主 催 : 札幌Web女子会

2018年7月19日(木) 第10回社員総会

活動報告

2018年7月19日(木)19:00~20:30の間、株式会社インフィニットループ会議室において、第10回LOCAL社員総会を開催しました。
下記の議案について討議を行い、満場一致をもって承認されました。

議案

  • 1号議案. 2017年度事業報告および収支報告書の承認に関する件
  • 2号議案. 2018年度事業計画および予算の承認に関する件

2018年度の活動方針を以下に抜粋します。

2018年度 活動方針 (抜粋)

10期目となる今期は、9期目に引き続き、本会の事業の継続性を高めるための改善を行う。
また、道内各地における学生部員の活性化、U-16プログラミングコンテストをはじめとした若年層を対象としたイベントへの協力開始に伴い、従来からの活動方針である「世代間を繋ぐこと、地域間を繋ぐこと」の対象範囲を小・中学生まで拡張し、若年層を対象とした支援を更に推進していく。
なお、本年をもってLOCALは10周年を迎えるため、記念の会合を開催し、今後の10年を考える機会としたい。


一般社団法人LOCALは、引き続き北海道のIT勉強会、IT技術者、学生達を支える団体として活動していきます。
今後ともLOCALをよろしくお願いいたします。

「第2回 小学校プログラミング教育を考える夕べ@札幌」が開催されました。

イベント情報, 活動報告

2018年7月28日、わくわくホリデーホール 第2会議室にて開催された『第2回 小学校プログラミング教育を考える夕べ@札幌』の運営にLOCALは協力しました。

当日は、教職員の方を中心に、札幌市内のみならず、道内遠方からご参加くださった方もいらっしゃいました。
プログラミング教育の第一歩、「先生が触ってみる」「先生が遊んでみる」「先生が実感する」のキッカケとなるよう、模擬授業や教材各種をみなさんに体験して頂きました。
また、実践の様子を見ていただくことで、気負わずに、今後の取り組みへと繋げていくことができればと願っています。

ご参加ありがとうございました。
また、教職員の方へこのイベントをご紹介くださった方々にも、心より感謝いたしております。

第2回 小学校プログラミング教育を考える夕べ@札幌

開催日時: 2018年7月28日 17:30 〜 21:00
開催場所: わくわくホリデーホール 第2会議室
参加費: 無料

プログラム:
第1部 プログラミング教育とは?
講演・模擬授業 情報通信総合研究所 平井 聡一郎 氏

第2部 プログラミング教材体験
Sphero SPRK+ ワークショップをはじめ、教科に位置付けた3つの体験ブース(国語、算数、図工)を予定

第3部 実践発表
東京学芸大学附属竹早小学校 佐藤 正範 先生
札幌市立札苗南小学校 宝金 友絵 先生
さくらインターネット株式会社 朝倉 恵 氏

対象:原則として教員の方

企画:東京都江戸川区立東小松川小学校 鈴木 康晴 先生

主催:さくらインターネット株式会社
後援:札幌市教育委員会
協力:一般社団法人LOCAL

レポート

第2回 小学校プログラミング教育を考える夕べ レポート (さくらのナレッジ)

 

2018年6月21日 (木) 6月定例会

定例会, 活動報告

株式会社インフィニットループ 大会議室において、19:10~20:00 の間、LOCAL 6月定例会を開催しました。
出席者は14名(うちリモート参加2名)です。
主なトピックは以下のとおりです。

議事内容

1. 各委員会・部活動より活動報告

  • 学生部
    ・OSC2018 Hokkaido の出展準備(主に同人誌関連)をしています。
    ・OSC開催レポートは、今年も学生部のメンバーが執筆を担当します。

2. 支援関係

  • 担当者より、各支援イベントでの支援実績の報告がありました。
    支援予定:
     ・OSC2018 Hokkaido 学生交通費支援 (7/7)
     ・小学校プログラミング教育を考える夕べ@札幌2018 開催支援 (7/28)
     ・高校生 ICT Conference 2018 札幌大会の運営協力(9/16)

3.運営委員会より

  • Grafsec 助成金を利用した「情報セキュリティセミナー」の開催を計画中で、運営メンバーを募集しています。

4. OSC2018 Hokkaido

  • 日時:2018年7月6日(金) 13:00~17:30(セミナーのみ)、7月7日(土) 10:00~18:00(展示は16:00まで)
  • 場所:札幌コンベンションセンター
  • 実行委員会ミーティング:2018年6月21日(木) 20:00より
  • ポスター(pdf:356KB)
  • 2019年の会場と日程:札幌コンベンションセンターで5月31日、6月1日に開催予定

5.U-16プログラミングコンテスト札幌大会

  • 日程:2018年10/28(日)(開催候補日)
  • 会場:札幌コンベンションセンター 204会議室
  • 公式サイト:U-16プログラミングコンテスト札幌大会
  • 6月より全道の高校、札幌市内、石狩市内の中学校へチラシを配布します。
    ※実行委員、協力者(特にメンター)を引き続き募集しています。

6.社員総会について

  • 日時:2018年7月19日(木) 19:00-21:00
  • 各部からの活動報告・活動計画は提出済
  • 社員総会に提出するLOCAL全体の活動計画について、6月定例会で話し合いました。

LOCAL定例会は、正会員やメーリングリスト会員のほか、どなたでも参加可能です。
LOCALの活動に興味のある方は お問い合わせフォーム よりご連絡のうえ、お気軽にご参加ください。

【交流会】夏だ!#aribeer 2018 ビアガーデン!【どなたでも】

お知らせ

北海道の夏はあっという間!

そんな北海道の短い夏の思い出に、札幌の大通りビアガーデンで、#aribeer はいかがでしょう?
北海道ITコミュニティのお祭りも一息ついたところで、ビアガーデンでのんびりお話をしませんか?
以下の日時で夏の昼下がりをゆるっと楽しむ予定です。

日  時 : 2018/8/5(日) 15:00~適当に人がいなくなるまで
会  場 : 大通公園9丁目 
      ※ビアガーデンは芝生立ち入りが禁止されているため、9丁目付近のテーブルで飲む予定
目  印 : 誰かが場所の目印をハッシュタグ付きでTweetします。
参加登録 : ありません
twitterハッシュタグ : #aribeer
facebookイベント :【交流会】夏だ!#aribeer 2018 ビアガーデン! 【どなたでも】

当日は適当に大通公園でゆるく飲んでおりますので、ふらっと立ち寄ってみて下さい。
LOCAL関係者に限らず、どなたでも参加大歓迎です!
どこで飲んでいるかわからないなどありましたら、お気軽にハッシュタグを付けて
ツイートして見て下さい(たぶん誰かが見ていると思います)。

LOCALは、『ソフトウェアテストシンポジウム 2018 北海道(JaSST’18 Hokkaido)』 を後援しています!

イベント情報

札幌で「ソフトウェアテストシンポジウム 2018 北海道(JaSST’18 Hokkaido)」が開催されます。
「JaSST Hokkaido」は、今回で13回目になる、ソフトウェアテスト技術の向上に貢献することを目的としたシンポジウムです。
LOCALはこのイベントの後援団体として、Webでの広報の支援・協力を行います。

テストを専門とする方はもちろん、企画・営業、あるいは設計・実装から「品質」を考えている方や、開発全体を通じての「品質」に責任を持つ方まで、どうぞご参加ください。
イベントの概要は以下のとおりです。

ソフトウェアテストシンポジウムは、ソフトウェアテスト分野の最新の研究や実践、ツールの適用や活用、ソフトウェア品質マネジメント関連のトピックなど、幅広い情報を発信することによりソフトウェアテスト技術の向上に貢献することを目的としたシンポジウムです。

「JaSST Hokkaido」は、今回で13回目になります。
今年のテーマは「モテるモデル」です。
テストを設計する場面では、Inputになる情報も、Outputになる成果物も多くの長文ドキュメントが多いのではないでしょうか?
そして、ドキュメントの読み違いなどで、情報伝達の齟齬が起き、間違ったテストを行ったり、テストが抜けてしまったりすることがありませんか?
これらの問題を解決すために、モデルを使うアプローチもその一つと思います。

今回のシンポジウムでは、
・モデルを使ったことがなかったけどモデルを使えるようになる(持てる)
・モデルは描いていたけど、もっと良い(モテる)モデルを描けるようになる
というきっかけになれば幸いです。

テストを専門とする方はもちろん、企画・営業、あるいは設計・実装から「品質」を考えている方や、開発全体を通じての「品質」に責任を持つ方まで、みなさんに喜んで頂ける内容を目指しております。

ソフトウェアテストシンポジウム 2018 北海道(JaSST’18 Hokkaido)

日 時: 2018年9月7日(金)

9:30~18:00 シンポジウム本会
18:00~19:00 情報交換会(LT大会予定)

場 所: 札幌教育文化会館 (札幌市中央区北1条西13丁目)
参加費: 一般:4,000円(18:00~19:00開催の情報交換会のみ無料)、学生:無料
申 込: http://jasst.jp/symposium/jasst18hokkaido/query.html
主 催:特定非営利活動法人 ソフトウェアテスト技術振興協会 (ASTER)、JaSST’18 Hokkaido 実行委員会
基調講演: 神崎 善司 氏(バリューソース)
招待講演: 小野寺 信勝 氏(北海道合同法律事務所)
詳 細: http://jasst.jp/symposium/jasst18hokkaido.html
タイムテーブル: http://jasst.jp/symposium/jasst18hokkaido/timetable.html