『セキュリティ・ミニキャンプ in 北海道 2019』サポーターズを募集します!

イベント情報, 安全部

2019年の『セキュリティ・ミニキャンプ in 北海道』は、2019年11月9日(土)~10日(日) 一般社団法人LOCAL、セキュリティ・キャンプ実施協議会、独立行政法人情報処理推進機構(IPA) の主催、北海道大学情報基盤センター、サイバーセキュリティセンター の共催で、開催となります。

現在、10月7日(月)16:00の応募締切までにと、多くの若者が申し込み準備中です。

例年、参加者の居住地は、道内だけでも広域にわたり、札幌近郊からでも数千円、道南や道東からの場合は1万円近くとなり、若い参加者へ大きな負担となっています。
LOCAL の学生交通費支援、その他の資金援助などの準備をしておりますが、これでも全体の半分に達しません。

そのため、LOCAL では 『セキュリティ・ミニキャンプ in 北海道 2019』 サポーターズ を募集することとしました。

ご協力いただける企業、団体、個人の方がいらっしゃいましたら、下記申し込み方法に従い、支援金の振り込みとメールでのご連絡をお願いいたします。
ご協力いただいた皆様は、サポーター一覧にお名前 (ニックネーム、イニシャルなどでも) とロゴ (任意) を掲載させていただきます。

なお、皆様からいただいた支援金は交通費や食費等、ミニキャンプに参加する学生の必要経費に充当します。
もし残金が出た場合は、一般社団法人LOCALが主催または協力する勉強会イベントにおける学生への支援費として利用させていただきます。


『セキュリティ・ミニキャンプ in 北海道 2019』サポーターズ申し込み方法

下記口座に支援金を送金ください。

法人・団体のみなさまへ

– 1口 10,000円 (もちろん、1口未満のサポートも歓迎いたします)
– 請求書を発行いたしますので、以下の内容をメールでご連絡ください

---- メールでご連絡いただく内容 ここから ----
to: info[at]local.or.jp 
subject: ミニキャンプ北海道サポーターズに協力します

・口数 (     )口  1口 10,000円  1口に満たない場合は金額を (    )円
・サポーター一覧に掲載する団体名とロゴファイルを
 ロゴファイルは、長辺 300 pixel程度、jpeg もしくは png 形式でお願いいたします
・お名前、ロゴ画像からリンクさせるURL

・請求書を発行いたします、PDFでお届けしますが、郵送でも必要な場合はお申し付けください。
---- ここまで ----


個人のみなさまへ

– 1口 5,000円 (1口未満のサポートも歓迎)
– 送金後、明細書の写真を添付してくださるようお願いいたします
– 送金先 LOCAL 口座番号
金融機関名:北海道銀行
支店名 :札幌駅北口支店
口座種別 :普通
口座番号 :1133775
口座名義 :一般社団法人LOCAL 代表理事 澤田周
口座名義カナ:イッパンシャダンホウジンローカル

– 送金後、以下の内容をメールでご連絡ください。

---- メールでご連絡いただく内容 ここから ----
to: info[at]local.or.jp 
subject: ミニキャンプ北海道サポーターズに協力します

・口数 (     )口  1口 5,000円  1口に満たない場合は金額を (    )円
・サポーター一覧に掲載するお名前、ニックネーム、イニシャルなど
 (                )  もしくは 匿名希望
・リンクさせるURL

・送金された際の明細書を携帯などで写真にとって添付してください。
・請求書および領収書が必要な方は、団体・法人向けをご参照ください。
---- ここまで ----


多くのみなさまにご協力いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

「セキュリティ・ミニキャンプ in 北海道 2019」 を開催いたします!!

イベント情報, 安全部

2019年の『セキュリティ・ミニキャンプ in 北海道』は、2019年11月9日(土)~ 10日(日)、北海道大学情報基盤センター南館(北海道札幌市)で開催されます。一般社団法人LOCAL、一般社団法人セキュリティ・キャンプ協議会および、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)主催 、北海道大学情報基盤センター サイバーセキュリティセンター共催です。
日本国内に居住する、2020年3月31日時点で25歳以下の大学院生・学生・生徒を対象とした、【専門講座】のみのプログラムです。(選考あり)

学生、生徒の皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

セキュリティ・ミニキャンプ in 北海道 2019

【開催概要】

日  時: 2019年11月9日(土)13:00(受付開始12:30)~ 2019年11月10日(日)16:00 (1泊2日)
会  場: 北海道大学情報基盤センター南館(アクセスマップ)
定  員: 20名 選考あり
参加資格: 日本国内に居住する、2020年3月31日時点において25歳以下の大学院生・学生・生徒
参 加 費: 無料。ただし会場までの交通費は自己負担です。
※遠方の学生は、LOCAL学生交通費支援制度を利用することができます
※2016年、2017年、2018年同様、サポーターズを募集し参加者の食事と交通費の支援を予定しています。
主  催: 一般社団法人LOCAL、セキュリティ・キャンプ協議会、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
共  催: 北海道大学情報基盤センター サイバーセキュリティセンター
後援 (予定): 北海道地域情報セキュリティ連絡会、北海道警察、経済産業省北海道経済産業局、総務省北海道総合通信局
協  力: 北海道情報セキュリティ勉強会
イベント詳細、お申込み: https://www.security-camp.or.jp/minicamp/hokkaido2019.htmlをご参照ください。

2016年2017年2018年と同様に、「セキュリティ・ミニキャンプ in 北海道 2019」サポーターズを募集しています。ご協力、どうぞよろしくお願いいたします。

LOCAL は、『宮蘭航路フェリーハッカソン2019』を応援しています!

イベント情報

宮蘭航路フェリーハッカソンについて

室蘭市ではオープンデータを推進しており、その一環として2018年6月22日に室蘭市と宮古市間のフェリーが就航したことを記念し、フェリー船内でのハッカソンを開催しました。
更なる宮古市との交流、フェリーの利用促進を目指し、今年度(2019年度)も開催します。
企業や団体、参加者同士でチームを作り、フェリー船内で楽しむことができるアプリを作成いただこうと考えています。
アプリ作成技術のない方でも、スマホアプリのアイデアを考えたり、開発者の手伝いなどをしていただきます。

日 時: 2019年10月4日(金曜日)から10月6日(日曜日)
 乗船フェリー往路:室蘭港発20時50分、宮古港着7時55分
 乗船フェリー復路:宮古港発9時25分、室蘭港着19時25分
参加費: フェリー運賃(2等室)、宮古市内指定宿泊所の宿泊費は無料!
 食事代、交流会参加費、室蘭市までの交通費、宮古市内まち歩き時の交通費は各自負担。
 詳細は、募集ページをご確認ください。
詳 細:  http://www.city.muroran.lg.jp/main/org2260/udc2019_hack.html
 参加申込はこちらのページからお願いします。
応募締切: 2019年9月26日(木曜日)

主 催:室蘭観光推進連絡会議(構成:室蘭市、室蘭商工会議所、一般社団法人室蘭観光協会)、アーバンデータチャレンジ南北海道事務局
共 催:アーバンデータチャレンジ2019実行委員会、室蘭市IoT推進ラボ
協 力:川崎近海汽船株式会社、NoMaps実行委員会、一般社団法人LOCAL

 

『PHPカンファレンス北海道 2019』が開催されます!!

イベント情報

PHPカンファレンス北海道 2019

オープンソースのスクリプト言語 PHP (正式名称 PHP:Hypertext Preprocessor) の促進と普及を目指し、北海道内のみならず、道外のPHPユーザとの交流を促し、情報交換の連携を深めるべくPHPカンファレンス北海道2019を札幌で開催します。
これからITの世界に入ってみようかと思っている初心者の方から、第一線で活躍する技術者の方まで、PHPに関する情報を共有し、さらに相互の交流を図ります。
是非、多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

PHPカンファレンス北海道 2019

日 時: 2019年9月21日(土) 10:00-18:00
場 所: 札幌市民交流プラザ (札幌市中央区北1条西1丁目)
参加費: 一般:3,000円 学生:無料
詳 細: https://phpcon.hokkaido.jp/
申 込: https://eventon.jp/17431
懇親会: https://eventon.jp/17432/
主 催: PHPカンファレンス北海道 実行委員会
特別協力: No Maps実行委員会、一般社団法人LOCAL

ハッシュタグ: #phpcondo
公式アカウント: https://twitter.com/phpcondo

LOCALは『Learn Languages 2019 in ODC (LL2019)』を応援しています!

イベント情報

真夏のプログラミング言語イベントとして毎年お楽しみいただいておりますLLイベントが今年もやってきます。

LLイベントは2003年にスタートしてから今年で17年目になります。
これまでLLイベントは、Lightweight Language (軽量プログラミング言語)をテーマとして開催してきましたが、2017年より“Learn Languages” (複数の言語を学ぼう!) としてLLを再定義し、多種多様なプログラミング言語を取り上げる、プログラミング言語に関する総合カンファレンスとなっています。

プログラムは、connpassのイベントページをご覧ください。

また、これまでは単独のイベントとして開催してきましたLLイベントですが、今回は引き続き ODC (オープンデベロッパーズカンファレンス) の中で開催します。参加受付もODC2019のページからお願いします。

Learn Languages 2019 in ODC

日 時: 2019年8月24日(土) 12:00-17:30
場 所: 日本工学院専門学校 蒲田キャンパス 7F 蒲田駅から徒歩2分
参加費: 無料 (懇親会は有料)
詳 細: https://llevent.connpass.com/event/139342/ (connpass)
申 込:参加受付は ODC2019 のページからお願いします
主 催:Learn Languages 2019 in ODC 実行委員会
協 賛:日本UNIXユーザ会、LOCAL、オープンデベロッパーズカンファレンス実行委員会、ほか
後 援:アスキードワンゴ、インプレス、エスアイビー・アクセス、SBクリエイティブ、オライリー・ジャパン、技術評論社、翔泳社、達人出版会、マイナビ出版、USP出版、ラムダノート、ほか
ハッシュタグ: #ll2019jp
公式アカウント:LL Blog, Twitter(@lljapan), Facebook(lljapan)

羅臼町でインターネット安全教室を開催します

イベント情報

2019年8月26日(月)に、羅臼町で「インターネット安全教室」を開催します。

インターネット安全教室とは、家庭や学校からインターネットにアクセスする一般の利用者を対象とした、情報セキュリティに関する基礎知識を学習するセミナーです。

これからインターネットを利用し始めるパソコン初心者の方や、お子様がスマートフォンやインターネットを利用するにあたって不安のある保護者の方、地域で防犯や情報セキュリティの普及を行う方など、多数の皆様のご参加をお待ちしております。

イベント概要

  • 日 時 : 2019/8/26(月) 15:00~16:30 (開場 14:30~)
  • 会 場 : 羅臼町商工会 2階会議室 (北海道目梨郡羅臼町船見町46-1)
  • 定 員 : 50名
  • 参加費 : 無料
  • 申込方法 : 電話申込:0153-87-2300 (羅臼町商工会)
         メール申込:rausu-shoukoukai[at]siretoko-rausu.com
         ※[at]を@に置き換えてください。
  • 主 催 : 独立行政法人情報処理推進機構 (IPA)
  • 共 催 : 釧路方面中標津警察署、北海道情報セキュリティ勉強会
  • 協 力 : 羅臼町商工会、一般社団法人LOCAL
  • 問い合わせ先 : 中標津警察署 生活安全課 0153-72-0110 (内線260)

チラシダウンロード (pdfファイル 288KB)
羅臼安全教室チラシ


※ 本セミナーは 一般財団法人草の根サイバーセキュリティ運動全国連絡会(Grafsec)による2018年度助成制度 の支援を受け、LOCALより講師を派遣して開催いたします。

【交流会】夏だ!#aribeer 2019 ビアガーデン!【どなたでも】

お知らせ

北海道の夏はあっという間! 気がついたら、ビアガーデン期間も終了間近!

突発的ではありますが、北海道の短い夏の思い出に、札幌の大通りビアガーデンで、#aribeer を開催いたします。
今年の夏の思い出など、ビアガーデンでのんびりお話しませんか?
以下の日時で夏の昼下がりをゆるっと楽しむ予定です。

日  時 : 2019/8/12(月・祝) 14:00~適当に人がいなくなるまで
会  場 : 大通公園9丁目 
      ※ビアガーデンは芝生立ち入りが禁止されているため、9丁目付近のテーブルで飲む予定
目  印 : 誰かが場所の目印をハッシュタグ付きでTweetします。
参加登録 : ありません
twitterハッシュタグ : #aribeer
facebookイベント :突発的交流会! 夏だ!#aribeer 2019 ビアガーデン!

当日は適当に大通公園でゆるく飲んでおりますので、ふらっと立ち寄ってみて下さい。
LOCAL関係者に限らず、どなたでも参加大歓迎です!
どこで飲んでいるかわからないなどありましたら、お気軽にハッシュタグを付けて
ツイートして見て下さい(たぶん誰かが見ていると思います)。

LOCAL DEVELOPER DAY ’19 /Security を開催します!

LDD, お知らせ, イベント情報

LOCAL DEVELOPER DAY (LDD) は、LOCALが開催するコミュニティ横断型/地域特化型IT勉強会イベントです。
前回に引き続き、今年も「情報セキュリティ」をテーマとした「LOCAL DEVELOPER DAY ’19 /Security」を開催いたします。

LOCAL DEVELOPER DAY ’19 /Security イベント概要

日時 2019/09/07(土) 13:30 – 18:00 (開場 13:10)
会場 ACU-A 中研修室1206
(札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45 12F)
参加費 無料
定員 100名
主催 一般社団法人LOCAL
共催 北海道情報セキュリティ勉強会(せきゅぽろ)

イベントハッシュタグ #ldd19sec

BCP(事業継続計画)とブラックアウトについて、SecHack365受講生の取り組みと成果発表、情報セキュリティのプロの仕事とは?、NICT(国立研究開発法人情報通信研究機構)によるサイバーセキュリティ人材育成の取り組みについてなど、情報セキュリティに関連する話題が盛り沢山の内容となっています。

詳細およびご参加申込みはこちらをご覧ください。
LOCAL DEVELOPER DAY ’19 /Security

ITエンジニアやシステム管理者だけでなく、一般の方、学生にとっても有益な内容でお送りします。
貴重なお話が聞ける機会です!情報セキュリティにご興味・ご関心をお持ちの方はぜひご参加ください!

本イベントは一般財団法人草の根サイバーセキュリティ運動全国連絡会(Grafsec)助成事業の一部として開催します

LOCALは『高専カンファレンス in 北海道』に協賛しています!

イベント情報

kosenconf

高等専門学校および高専生をテーマとするカンファレンス、「高専カンファレンス」が北海道で開催されます。
テーマは「初星 ~その先の、道へ。高専生~」

LOCALは2019年度の活動方針として、学生の活動支援を積極的に行うことを掲げております。
本イベントについても、学生が主催し、大勢参加することから、積極的に応援したいと考え、協賛団体として学生の参加費を支援することといたしました。

当日は、たくさんの発表が予定されております。
学生の皆様、ぜひご参加ください。

高専カンファレンス in 北海道

日 時: 2019年8月17日(土) 11:00~17:00
場 所: 札幌市産業振興センター (北海道札幌市白石区東札幌5条1丁目1−1)
参加費: 学生 : 無料
一般 : 1,000円
テーマ: 初星 ~その先の、道へ。高専生~
申 込: https://conf-hokkaido.connpass.com/event/122809/
主 催:高専カンファレンス in 北海道 実行委員会
公式HP: http://kosenconf.jp/?131hokkaido

2019年7月18日(木) 第11回社員総会

活動報告

2019年7月18日(木)19:10~20:00の間、株式会社インフィニットループ会議室において、第11回LOCAL社員総会を開催しました。
下記の議案について討議を行い、満場一致をもって承認されました。

議案

  • 第1号議案:2018年度事業報告書および収支報告書の承認に関する件
  • 第2号議案:2019年度事業計画書および収支予算書の承認に関する件
  • 第3号議案:2019年度理事選任の件

以下に、今年度の活動方針をご紹介いたします。

2019年度 活動方針

会の活動は10年の節目を迎えた。先の10周年記念会合は、これまで活動を支えてくれた各位に改めて感謝するとともに、過去と現在の状況の比較から未来のことを考える機会であった。

改めて現況を俯瞰すると、学生による自主的な活動の活発さが何よりも特筆すべきものであり、このような状況は当会の発足当初から待ち望んでいたものである。これから活躍する学生たちへの遊び場の提供を通して、地域の技術者による若手のゆりかごとしての機能を担うことは、当会が成すべき最大の事業のひとつである。
よって、今年度は、学生部の活動の支援を積極的に行う。具体的に学生部から申請された活動の他にも、学生部より新たな取り組みに挑戦することを望む声があれば、必要な支援や制度作成を積極的に行い、学生の学生によるコミュニティを文化として後の世代に繋ぐことを目指す。

当会の組織運営にかかる新たなトピックとして、今年度より富良野旭川地域において活躍する人材が当会運営委員として参画予定である。当会はこれを好機と捉え、当該地域との連携活動を行い、もって地域の文化の継続、次世代の育成を行う。

上記二点、総括して若手・次世代の育成に繋がる文化づくりに注力することを、当会の今期の活動指針とする。


一般社団法人LOCALは、引き続き北海道のIT勉強会、IT技術者、学生達を支える団体として活動していきます。
今後ともLOCALをよろしくお願いいたします。